歩くたびに膝の内側が痛いそんな人が当院に来られます。|未病リハビリセンターハレル諸岡店|

こんにちは

未病リハビリセンターハレル諸岡店の川畑です

 

ちょこっと目線を変えまして、

実際にどんな方が膝の悩みで来られるのか?当院に来られる症例について話をしていきたいと思います

 

今回は

”歩くたびに膝の内側が痛い症例”

についての話です。

症例紹介

 

今回の症例の方は歩くたび、踵を着くたびに膝の内側が痛いです。

という膝痛の悩みで当院に来られました。

もともとの既往としては

両膝の半月板損傷があり、両方とも手術。

痛みはずっとあったものの薬や湿布などで騙しながら痛みを付き合っていたということでした。

 

整形外科に行ったものの病院では

手術するまでもないレベルの状態だし、湿布と薬で様子を見ます。

体重が増えないようにと運動をして筋力をつけるように言われたとのこと。

 

このような経緯がある方でした。

 

原因は膝じゃなくてもも裏!?

 

結果から言いますと、

この方の膝痛の原因は太ももの裏にある、大腿二頭筋と言われる筋肉、ハムストリングスって言ったりする筋肉ですね。

それともう1つは下腿三頭筋というふくらはぎの筋肉。

この二つがですね固くなっていることによって膝の内側に痛みが出てるっていう状態でした。

なんで、この裏にある筋肉が悪さをしていたのかというと、

この筋肉の各役目とは、もともと膝を曲げる役割があるんです。

 

しかし、このももとふくらはぎの筋肉が同時に力が入ると実は膝を伸ばす方にぐっと引っ張られてしまうので膝がまっすぐ伸びるてしまいます。

 

そうすることによって膝が伸ばされた状態になってしまいます

その膝が伸びた状態での踵を着くと

踵を着いた瞬間に足がまっすぐ棒のような状態になってしまっているので、

膝で体重を緩衝できずに、膝に直接衝撃がかかります。

 

このようにして歩くたびに膝の内側に痛みが出ていたのです。

 

まとめ

 

このような膝の痛みっていたこういう方は意外といるのですが、

病院などではデータとして症状が出てこないので原因が特にありませんって言われたり、

整骨院や整体院に行ったりしても原因がなかなか見つからないことってかなり多いです。

原因がわからないからハレルに最後の頼みの綱としてこられる方が多くいらっしゃいます。

 

今回のような症例と同様の症状をお持ちの方は

もも裏の筋肉とふくらはぎの筋肉が悪さをしているのかもしれませんので、

1度ももの裏を掴んでみて痛みが出る動作をしてみてください。

 

症状が緩和すればあなたも、もも裏とふくらはぎの硬さが原因の可能性が高いですよ。

 

今日はこあたりで

んじゃ。

 

======================================

未病リハビリセンター ハレル 諸岡店

住所:福岡県福岡市博多区諸岡3丁目6−15 KSJビル 3階
TEL:092−586−6523

副院長 川畑僚汰

 

こちらからも健康情報を配信していますので、ご興味ある方はどうぞ♪

↑↑↑

これタップまたはクリックすると、

未病リハビリセンターハレル 諸岡店より、なんと…

 

 

未病リハビリセンターハレル諸岡店って?どんなところ?

↓↓↓
https://morooka.hareru.net

あなたは
どのような情報が知りたいですか?

下の方から興味があるものを選んでみてください‼️

①膝痛の専門的な知識について

②自宅でできる運動について

③ダイエット・栄養について

======================================
未病リハビリセンターハレル 諸岡店 副院長

川畑 僚汰(カワバタ リョウタ)

【痛みで後悔しない人生を送るために】

●有資格

・理学療法(国家資格)

・ロコモコーディネーター(骨粗鬆症・認知症・運動機能改善)

・ファスティングアドバイザー(食事・栄養・体質改善)

・福祉住環境コーディネーター

・スポーツメディカルサポーター

・日本未病リハビリテーション協会 認定

 

 

 

ホームページ限定の特典です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA