膝痛の人は扁平足になりやすいって知ってましたか?|未病リハビリセンターハレル諸岡店|

こんにちは

未病リハビリセンターハレル諸岡店の川畑です

 

今回は

膝痛の人は扁平足になりやすい

ということについて話をしていきたいと思います。

膝痛から扁平足に!?

 

膝痛の方が扁平足になりやすいのは”動作”に問題があります。

その動作とは”ニーイン”と言われる動作です。

 

その動作はこのような写真のような動作になります。

 

二ー(knee=膝)

イン(in=入る)

要は”膝が内側に入る”動作のことをニーインと呼びます。

 

このような動作が入ることにより体重は膝の内側にかかります。

すると、足首はどうでしょうか?

 

内側に倒れてしまいますよね。

 

このように、足には内側アーチといって

要するに”土踏まず”があるのにその土踏まずが潰れてしまうような状態となるのです。

そのような動作を慢性的に繰り返すことにより

膝が内側に入る

体重が内側にかかる

足の内側アーチが崩れる

扁平足になる

 

というような流れになるのです。

 

それではここで疑問が生まれるかと思います。

「あれ?動作が原因で膝痛になって、扁平足になるなら、そもそもなんでそんな動作になってしまうんだ?」

 

それでは次はその疑問にお答えしていきますね。

 

もっと深い原因は股関節にあった!?

 

それではなぜにその膝痛を起こしてしまい、扁平足になるような間違った動作をしてしまうのか?というと

その原因は”中殿筋”という股関節部分にある筋肉の筋力低下・機能不全が主な原因としてあります。

この中臀筋という筋肉には

違う記事でもお話をしたのですが、骨盤を水平に保ち、骨盤を安定させる働きがあります。

しかし、この中臀筋という筋肉がうまく働かない状態になってしまうと

骨盤は常に水平に保っておくようにする代わりに、膝が内側に入る動作を行ってしまいます。

このような1つの機能を保持するために他の部分で補うことを”代償”と言います。

 

この代償という動作を毎回繰り返すことによって

脳ではその動作が自分にとって正常な動作なんだと間違って学習されてしまい、

間違った動作を繰り返し続けてしまうことで徐々に膝痛が現れ、扁平足になっていくのです。

まとめ

 

膝痛の方が扁平足になってしまう原因は”動作”に問題がある

扁平足になってしまう動作がとは”ニーイン”と言われる、膝が内側に入る動作が

慢性的に繰り返されることにより、足の内側アーチが低下してしまい

扁平足になってしまう。

それでは間違った動作をなんでしてしまうのか?というと

その原因は股関節にある””中臀筋”という筋肉の筋力低下・機能低下にある

この中臀筋により骨盤を安定させることができなくなることで

膝が内側に入る動作となってしまい、その動作が慢性的に繰り返されることにより

脳が正常な動作と間違って学習してしまうことが一番の要因なのである。

 

あなたの動作は大丈夫ですか?

 

今回はこのあたりで

んじゃ。

 

======================================

未病リハビリセンター ハレル 諸岡店

住所:福岡県福岡市博多区諸岡3丁目6−15 KSJビル 3階
TEL:092−586−6523

副院長 川畑僚汰

 

こちらからも健康情報を配信していますので、ご興味ある方はどうぞ♪

↑↑↑

これタップまたはクリックすると、

未病リハビリセンターハレル 諸岡店より、なんと…

 

 

未病リハビリセンターハレル諸岡店って?どんなところ?

↓↓↓
https://morooka.hareru.net

あなたは
どのような情報が知りたいですか?

下の方から興味があるものを選んでみてください‼️

①膝痛の専門的な知識について

②自宅でできる運動について

③ダイエット・栄養について

======================================
未病リハビリセンターハレル 諸岡店 副院長

川畑 僚汰(カワバタ リョウタ)

【痛みで後悔しない人生を送るために】

●有資格

・理学療法(国家資格)

・ロコモコーディネーター(骨粗鬆症・認知症・運動機能改善)

・ファスティングアドバイザー(食事・栄養・体質改善)

・福祉住環境コーディネーター

・スポーツメディカルサポーター

・日本未病リハビリテーション協会 認定

 

ホームページ限定の特典です

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA