ついつい食べて太ってしまうのは脳に原因があった!?|未病リハビリセンターハレル諸岡店|

こんにちは

未病リハビリセンターハレル諸岡店の川畑です。

今回は

ついつい食べてしまうのには脳に原因があった!?

についてお話をしたいと思います

美味しいものが好きなのは”脳”が関係している?

あなたは甘いものとかまたはお肉などは好きですか?

もちろん好きと言われる方が多いと思います。

 

しかし、やめないといけないと思っててもついつい食べてしまう。

というような、やめられないのには

実は”脳”が関連しています。

 

脳には活動するために必要な食べ物=カロリーが高いものに対して

高い報酬を払うという学習があります。

どういうことなのかというと、

自分が生体生命のエネルギーを維持するためにはカロリーというものが必要です。

高カロリーの食べ物を摂取することで体を動かすために必要なエネルギーを効率よく摂ることができます。

そうなると、

高カロリー=活動エネルギーとして優れている=自分の体にとってメリットが高い

というように、”脳”が学習し、カロリーが高いものを摂ると脳が喜ぶ状態となるので、

美味しいものなどの高カロリーなものがなかなかやめられなかったりするのです。

反対に

栄養価は高いもののカロリーが低いものというものは、

自分の活動エネルギーに必要なものではありますが、

活動をするための燃料としての必要性は優先度が低くなります。

そうすると

低カロリー=活動エネルギーとして劣っている=自分が活動するためのエネルギーとして摂取する優先度が低い

というように、脳への報酬も少ないということなのです。

どうしても甘いものが食べたいとか、

油の多いお肉がをやめられないというのは

実は自分の本能に忠実なだけなのです♪

まとめ

脳はカロリーが高いものを身体の活動エネルギーなどに使用しやすいと認識し、

摂取すると脳へ有用と判断し、喜びや満足感、幸福感などの報酬を与える。

反対に

低カロリーのものは身体の活動エネルギーとしての有用性が低いと認識し、

脳への報酬が少なくなる。

 

だから、美味しいケーキやおやつなどやめようと思っても

なかなかやめられないって話でした。

 

それでは今回はこのあたりで

んじゃ。

 

======================================

未病リハビリセンター ハレル 諸岡店

住所:福岡県福岡市博多区諸岡3丁目6−15 KSJビル 3階
TEL:092−586−6523

副院長 川畑僚汰

 

こちらからも健康情報を配信していますので、ご興味ある方はどうぞ♪

↑↑↑

これタップまたはクリックすると、

未病リハビリセンターハレル 諸岡店より、なんと…

 

 

未病リハビリセンターハレル諸岡店って?どんなところ?

↓↓↓
https://morooka.hareru.net

あなたは
どのような情報が知りたいですか?

下の方から興味があるものを選んでみてください‼️

①膝痛の専門的な知識について

②自宅でできる運動について

③ダイエット・栄養について

======================================
未病リハビリセンターハレル 諸岡店 副院長

川畑 僚汰(カワバタ リョウタ)

【痛みで後悔しない人生を送るために】

●有資格

・理学療法(国家資格)

・ロコモコーディネーター(骨粗鬆症・認知症・運動機能改善)

・ファスティングアドバイザー(食事・栄養・体質改善)

・福祉住環境コーディネーター

・スポーツメディカルサポーター

・日本未病リハビリテーション協会 認定

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA